闇金は電話だけで貸付を行うことが多い

消費者金融のほとんどがきちんとした営業をしているのですが、一部闇金と呼ばれる悪徳業者も含まれているのは事実です。闇金の特徴として、電話だけで貸付を行う点は見逃せません。法律などの問題があって、直接手渡しをするようなことはないです。電話も他人名義のものを使うので、なかなか足が付きません。

闇金は少額の融資

闇金の場合、少額の貸し付けが中心です。最初の貸し付けで1~3万円といったところが相場です。ただし10日で3~5割というとんでもない高利をかけるため、いくらでも利益をあげることができます。

10日後に利息も含めて返済できればいいですが、もし無理であればジャンプして先延ばしすることも可能です。ジャンプとは、利息分だけ支払うとさらに10日後に期日が延長するシステムのことです。闇金業者としてみればできるだけジャンプを何度もさせることで利息をどんどんむさぼろうというわけです。

闇金は返済できなくなれば態度は豹変する

闇金業者は最初からそうとわかるような威圧的な態度では接しません。最初の内は丁寧な物腰で接してきます。そして期日通りに返済する、先ほど紹介した利息分だけ支払ってジャンプしている間も同じような態度です。

ところがジャンプもできなくなれば、態度が豹変します。威嚇するような態度で脅かしてきますし、自宅や職場に押し掛けてくることも十分考えられます。このような嫌がらせによって、債務者は精神的にどんどん追い詰められてしまうわけです。