とにかくカードローン会社に連絡を取ることが先決

カードローンを利用すれば、期日までにお金を返すのが債務者の義務です。しかし思わぬ出費があったなどの理由で、期日までにお金を準備できなくなることも十分想定できます。その場合、そのまま放置しておくのが一番まずいです。1日でも遅れそうな場合には、カードローン会社に早めに連絡を取りましょう。そしてきちんと事情を説明すれば、少し待ってもらえるかもしれません。

できれば期日が来るまでに連絡を取るのが好ましいです。しかしもしうっかり期日を忘れて過ぎていた場合には、できるだけ速やかに連絡を取るべきです。カードローンは保証人や担保なしでお金の貸し借りをする、いわば信頼関係で成立した取引です。もし放置しているとこの信頼関係に傷がつきます。

家に取り立てが来ることは?

サラ金をテーマにしたドラマ・アニメがいろいろと出ています。その中で、返済期日を過ぎて延滞すると怖い人が取り立てに自宅にやってくるシーンがしばしば掲載されています。このイメージがあって「返済が遅れると厳しい取り立てに遭ってしまうのではないか?」このような不安を感じるかもしれません。

しかしまともな業者であれば、このような厳しい取り立てをしてくることはないです。ただしそのまま延滞状態を放置することはあり得ません。督促が来るようになって、最終的には訴訟を起こされます。そして皆さんの給料や預金など、財産を差し押さえに来ますから早めにコンタクトをとることです。