返済できる当てがないのに…

カードローンはコマーシャルでもどんどん放映されているように、今や世間一般で広く利用されているサービスです。便利なサービスである反面、カードローンでお金を借りたのがきっかけで破綻してしまう人もいます。なぜカードローンで破綻してしまうのか、それは利用した人に問題のあるケースが多いです。

まずは返済できる当てがないにもかかわらずお金を借りてしまうパターンです。お金を借りたらいずれは返済しなければなりません。お金の入っているめども立っていないのに、「どうにかなるだろう」と思ってお金を借りないようにしましょう。

このような安易な借り方をしていると、結局返済できなくて他からお金をまた借りて、多重債務の状況に陥ってしまいます。

返済日の設定が間違っていた

返済期日についてきちんと確認せずに利用した場合も失敗しがちです。例えば給料日など収入のある日の直前に返済期日が来てしまうとお金がほとんどなく返済できない状況に陥りやすいでしょう。カードローン会社の中には、期日があらかじめ決まっていて動かせないところもあります。この場合、収入のある日の前か後かを確認しておきましょう。

闇金業者から借りた

借金で苦しんでいる人を見ると、闇金業者に手を出してしまうパターンも多いです。中には闇金業者と分かったうえで「ちょっとだけだから…」ということで借りるケースもみられます。しかし闇金業者は高利で返済してもなかなか借金はなくなりません。絶対に利用しないことです。